21グラム
2003(米) 124分
群像劇ドラマ
【キャスト&スタッフ】
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ショーン・ペン
   ナオミ・ワッツ
   ベニチオ・デル・トロ
   シャルロット・ゲンズブール

【ストーリー】
瀕死に立ち、心臓移植を待つ夫婦(ショーン・ペン)。娘と共に幸せな家庭を築く夫婦(ナオミ・ワッツ)。前科者だが、今はまっとうに生きる男(ベニチオ・デル・トロ)。そんな彼らが…??

【レビュー】
★★★☆☆(中)
ん〜。なかなか深くていい映画でした。21グラムというのは魂の重さとされるもの。時間軸がグチャグチャなのですが、一つの出来事が基準にあるので、非常に観やすくなっています。ただ個人的には、この手の映画はたくさん見てきているので、10年前に出会っていればなという思いでもありました(←10年前に気づいていたのに、先延ばししてきた人の言い訳(笑))。

*|BACK 0|HOME